ピラティストレーナーの志々目です。

さて、最近ではSNS、メディア、書籍等で身体に関するものが身近に感じ取ることができるようになりましたね。
ですので、私自身も日々の学習はかかせません。
レッスン時にお客様から筋膜に関するご質問がありました。
これは、ピラティスを実践されることで身体のことに興味をもたれることにとても嬉しくおもいます。
わたし達の身体の中にはテンセグリティがあります。

このテンセグリティ(tensegrity)とは、バックミンスター・フラーにより提唱された概念で、Tension(張力)とIntegrity(統合)の造語です(Wikipediaより)。バックミンスター・フラーは建築家、ジオデシック・ドームを考案し、その生涯を通して人類の生存を持続可能なものとするための方法を探りつづけたそうです。また「宇宙船地球号」という言葉を広めたのも同じ人物だそうです。

わたし達の身体の中にもこのテンセグリティがあり、筋肉やそれを包んでいる筋膜の張力を使うことでエネルギー効率のよい動きを生み出してくれています。

対側への長さや張力に刺激を与えることは、最適な可動性や柔軟性を有するテンセグリティーシステムに似ており、全方向に連続および動的な安定性を提供可能な筋膜系を経て確認でき、ピラティスのエクササイズは”内空間を作る、動く空間としてのイメージを作ることでなるものです。ピラティスに限らず、ダンスやスポーツの動き、日常生活の立ち座り、毎日の駅まで歩く時にも、身体の中の筋膜の張り、空間を見つけることができます。
ですので、ピラティスエクササイズの後は身体は効率の良い動きができ、身体へと変化するかもしれません。

毎週のセッションを楽しみにされるお客様がたから身体のよき変化を感じてうれしいです。

image