こんにちは。箕面市pilates hearty sutudio ピラティストレーナーのししめです。

 

お客様に、「良い姿勢で立ってみてください」とお願いしますと、「足は閉じるの?」や「お腹を引っ込めるの?」と言われることがあります。
そこで、「そのお腹を引っ込めた姿勢でずーと立ち続けることはできますか?」と聞いてみましたところ、ほとんどの方が『無理だー』とおっしゃいます。
なので、脚をとじたり、お腹を引っ込める意識は、良い姿勢を作るとは考えにくいかなと思います。
私は、よい姿勢=ラクにいられる姿勢だと思っています。
姿勢の基準のラインとなるのが、身体を横から見て踝の少し前、膝の中央少し前、大転子(太ももの骨の出っ張り部分)、体幹の中央、肩、耳たぶを通る一本の線です。
この姿勢に身体を無理やり合わせようとして、歩き出した途端、姿勢がくずれてしまうことありませんか?
よい姿勢になるために、身体の空間を感じたり、緊張している部位を緩めることを意識した方が、楽に良い姿勢をとりやすくなるようにかんじます。
そのためには、身体に意識を向けることがやっぱり大事だなぁ❤